minipc
製品情報 ショッピング サポート プレスコーナー 会社案内
   

ミニピーシードットジェイピー > サポート > FAQ > CX5

CX5シリーズ


Q.1 光学ドライブを接続する方法は?
A.1

光学ドライブの接続方法として、以下の2つの方法があります。
1.USB接続の外付けドライブを使用する
2.CX5のフタをあけ、直接SATAで接続する

USB接続の外付けドライブを使用する

・希に、ドライブや内部のUSB変換チップの相性などで認識しない場合があります。
・USBポートから電力を取るタイプ(スリムタイプ)は、CX5自体の電源が不足する可能性がございます。 うまく認識しない、ブートしない場合、別途、ACアダプタ(例:BUFFALO BSIPA02WH )をご用意下さい。
・OSのインストールなどDVDブートをしない場合は、BIOSの設定をご確認下さい。

CX5のフタをあけ、直接SATA接続する

 「ベアの光学ドライブ」と「電源 (例:センチュリー 直刺しAC(CDIS-AC)」を用意していただき、CX5本体と直接SATA接続する方法です。
 CX5の上ケースを外す必要があるので少々手間ですが、OSのインストール作業の場合は、こちらの方が確実です。

 頻繁にOSの入れ替えなど実験を行う場合は、別売のオプション「OBL-ESATA」を取付けます。ケースを空けなくても、光学ドライブを簡単にSATA接続できます。(別途、eSATA→SATA変換ケーブルが必要です。)

BIOSの変更方法

1.BIOSセットアップメニューを起動します。電源をオンにした後、最初の画面が表示される間に[Delete]キーを押します。
2.「Phoenix SecureCore(tm) Setup Utility」メニューか「Boot」へ移動
3.「Boot priority order」へカーソルを移動し、優先してブートさせたたいデバイスを選択し、「+」キーで先頭へ移動して下さい。
4.設定を保存してBIOSセットアップメニューを終了します。([F10]を押して、「Y」と押します。)


▲このページのTOPに戻る


Q.2

USBに接続したCD-ROMドライブからインストールCDで起動したとき、インストーラが途中で止まる、または、先に進めない。

A.2

・OSのインストーラが、ご使用のドライブに対応していない可能性があります。別のドライブをご利用いただくか、SATA接続したドライブでインストールを実施してください。

・OSのインストーラが、USBからブートしたデバイスからのインストールに対応していない場合があります。別の方法でインストールを実施してください。

Windows2000はUSBデバイスからのインストールに対応していません。

▲このページのTOPに戻る


Q.3

どのようなOSが利用できますか?

A.3

こちらをご参照ください。

※全ての機能をチェックしたわけではありません。
※インストールモデルを除き、OSの動作保証はいたしません。
※不具合等は確認し次第、本FAQにて順次公開いたします。

▲このページのTOPに戻る


Q.4

どのようなCPUが使用できますか?

A.4

製品仕様欄をご覧ください。

▲このページのTOPに戻る


Q.5

どのようなメモリが使用できますか?

A.5

製品仕様欄をご覧ください。

・バルク・メモリは、相性や品質のバラツキがあるため動作保証いたしません。
  メーカー製メモリをご使用ください。

以下の様なメモリはご使用いただけませんのでご注意願います。
・ECC機能付のもの
・Registeredのもの

▲このページのTOPに戻る


Q.6

どのようなハードディスクドライブやSSDが使用できますか?

A.6

2.5インチ型を1台内蔵することができます。
オプションの「OBPL-ESATA」でCX本体内のSATAを外部へ出すことにより、外付けSATAドライブを接続して使用することも可能です。
接続用のケーブルとして、 「SATA-eSATAケーブル」は別途ご用意ください。

SSDにつきましては、SATA互換で2.5"HDDサイズ(厚み9.5mm未満)であれば搭載可能です。
但し、弊社ではまだ過渡期的な製品のため評価はしておりません。

▲このページのTOPに戻る


Q.7

キーボードやマウスを接続しなくても起動できますか?

A.7

可能です。キーボードやマウスを接続しなくてもBIOS(POST)でエラー等が発生しないよう設定を変更してください。

▲このページのTOPに戻る


Q.8

PCIカードやPCカード等により機能を増設することはできますか?

A.8

マザーボードにはPCIやPCI-Eスロットは搭載されていないためご使用できません。

▲このページのTOPに戻る


Q.9

USBフラッシュドライブからブートできますか?

A.9

USBフラッシュドライブが対応している場合に限り可能となります。

▲このページのTOPに戻る


Q.10

SpeedStep機能が利用できない。

A.10

現在のところ、弊社ではSpeedStep機能をサポートしておりません。
CPUは常に最高速のまま動作いたします。

▲このページのTOPに戻る


Q.11

もっとCPUを冷却することはできますか? / もっとファンを静かにできますか?

A.11

CPUファン及びケース側面のサイドファンは、接続されているケーブルで回転数を調整することができます。 調整には小さなプラスドライバーをご用意ください。

回転数の目安はマニュアルをご参照下さい。
ご使用いただく環境によってはかなり回転数を落とすことも可能ですが、あまり遅くするとファンがとまってしまう場合があるのでご注意ください。
CPUファンで3,000回転、サイドファンで3,000回転以上でのご使用をお勧めいたします。

お客様によるファン回転数の調整による故障・破損などのトラブルには、いかなる保証もいたしかねます。CPUやHDDの温度を測定の上、ご使用ください。

▲このページのTOPに戻る


Q.12

miniPCIスロット、PCI Express mini cardは、どのように利用できますか?

A.12

miniPCIスロットには、オプションの「OPL-GL1」(LAN1ポート増設用)、「OPL-GL2」(LAN2ポート増設用)によりLANポートを増設できます。
LANを増設した場合は、すでにこのボードが装着されていますので、ご使用できません。
PCI Express mini cardへ装着可能な製品は、製品ラインアップ オプションをご覧下さい。


▲このページのTOPに戻る

 

minipc.jpダイレクト
お問い合わせ
目安箱
アンケート


Copyright(C) 2005 minipc.jp All rights reserved. Japanese use only.