minipc
製品情報 ショッピング サポート プレスコーナー 会社案内
   

ミニピーシードットジェイピー > サポート > FAQ > GF45

GF45シリーズ


Q.1 光学ドライブを接続する方法は?
A.1

光学ドライブの接続方法として、以下の3つの方法があります。
1.USB接続の外付けドライブを使用する
2.GF45本体へ内蔵する
3.eSATAポート経由で接続する
  ※eSATAポートは、オプションのeSATAポート増設キット「OPL-ESATA」を取り付ける必要があります。

USB接続の外付けドライブを使用する
・一番手軽で簡単なため、弊社としてはこの方法をお勧めいたします。
BUFFALO DVSM-PN58U2Vなどスリムタイプの外付けドライブも最近は低価格で販売されています。
・OSのインストールなどへご使用の場合は、BIOSの設定を変更してください。

GF45本体へ内蔵する

別売の光学ドライブ増設ユニット「GOP-SBA/OD7640(IDE接続)」または、「GOP-SBS/OD7640(SATA接続)」を搭載します。

* 2.5インチHDD内蔵時のみとなります。
  3.5インチHDDの場合、物理的に取付は可能ですが、HDDと光学ドライブの隙間が狭く、熱が籠もり易いため使用不可としております。 稼働させる環境や条件次第なのですが、HDDの温度は50℃を超えます。HDDのメーカー保証温度は60℃のため、 稼働中に熱暴走するところまではいきませんが。ご使用の際は、HDDの温度に十分ご注意ください。

eSATAポートへベアの光学ドライブ接続する

別売のオプション「OPL-ESATA」を取付け、eSATA経由でベアの光学ドライブを接続します。
・別途、「電源」と「eSATA→SATA変換ケーブル」をご用意ください。
 電源の製品例:玄人志向 KRAC-HDDX2
・OSのインストールなどへご使用の場合は、BIOSの設定を変更してください。

BIOSの変更方法

1.BIOSセットアップメニューを起動します。電源をオンにした後、最初の画面が表示される間にDeleteキーを押します。
2.「Advanced BIOS Features」を選択し、「First Boot Device 」は最初にブートさせたい機器 (「USB-CDROM」「USB-FDD」等)を、「Second Boot Device」は「Hard Disk」へ設定します。
3.「Integrated Peripherals」「USB Device Setting」を選択し、「USB Keyboard Function」を「Enable」に設定します。
4.設定を保存してBIOSセットアップメニューを終了します。([F10]を押して、「Y」と押します。)

※最近のドライブではまず話を聞きませんが、ご用意されたドライブによってはBIOSで認識できないものもあります。 光学ドライブは世代交代も早く、機種も多いため、弊社で実機確認はしておりません。 お使いの機種がBIOS上で認識しない場合は、申し訳ありませんが、別の光学ドライブにてお試しください。

▲このページのTOPに戻る


Q.2

USBに接続したCD-ROMドライブからインストールCDで起動したとき、インストーラが途中で止まる、または、先に進めない。

A.2

・OSのインストーラが、ご使用のドライブに対応していない可能性があります。別のドライブをご利用いただくか、SATA接続したドライブでインストールを実施してください。

・OSのインストーラが、USBからブートしたデバイスからのインストールに対応していない場合があります。別の方法でインストールを実施してください。

Windows2000はUSBデバイスからのインストールに対応していません。

▲このページのTOPに戻る


Q.3

どのようなOSが利用できますか?

A.3

こちらをご参照ください。

※全ての機能をチェックしたわけではありません。
※インストールモデルを除き、OSの動作保証はいたしません。
※不具合等は確認し次第、本FAQにて順次公開いたします。

▲このページのTOPに戻る


Q.4

どのようなCPUが使用できますか?

A.4

製品仕様欄をご覧ください。

▲このページのTOPに戻る


Q.5

どのようなメモリが使用できますか?

A.5

製品仕様欄をご覧ください。

・バルク・メモリは、相性や品質のバラツキがあるため動作保証いたしません。
  メーカー製メモリをご使用ください。

以下の様なメモリはご使用いただけませんのでご注意願います。
・ECC機能付のもの
・Registeredのもの

▲このページのTOPに戻る


Q.6

どのようなハードディスクドライブやSSDが使用できますか?

A.6

3.5インチ型HDDを1台まで、または2.5インチ型で2台まで内蔵することができます。
オプションの「OPL-ESATA」でGF45本体内のSATAを外部へ出すことにより、外付けSATAドライブを接続して使用することも可能です。
接続用のケーブルとして、 「SATA-eSATAケーブル」は別途ご用意ください。

SSDにつきましては、SATA互換で2.5"HDDサイズ(厚み9.5mm未満)であれば搭載可能です。
但し、弊社ではまだ過渡期的な製品のため評価はしておりません。

▲このページのTOPに戻る


Q.7

キーボードやマウスを接続しなくても起動できますか?

A.7

可能です。キーボードやマウスを接続しなくてもBIOS(POST)でエラー等が発生しないよう設定を変更してください。

▲このページのTOPに戻る


Q.8

PCIカードやPCカード等により機能を増設することはできますか?

A.8

マザーボードにはPCIやPCI-Eスロットは搭載されていないためご使用できません。

▲このページのTOPに戻る


Q.9

USBフラッシュドライブからブートできますか?

A.9

USBフラッシュドライブが対応している場合に限り可能となります。

▲このページのTOPに戻る


Q.10

SpeedStep機能が利用できない。

A.10

現在のところ、弊社ではSpeedStep機能をサポートしておりません。
CPUは常に最高速のまま動作いたします。

▲このページのTOPに戻る


Q.11

もっとCPUを冷却することはできますか? / もっとファンを静かにできますか?

A.11

CPUファン及びケース側面のサイドファンは、接続されているケーブルで回転数を調整することができます。 調整には小さなプラスドライバーをご用意ください。

ファンの回転数を最大にした場合、CPUファンで5,500回転、サイドファンで6,000回転ほどとなり、更に冷却することが可能です。 ただし、騒音は大きくなります。
回転数を少なくすれば騒音は小さくなりますが、環境温度、CPU負荷、HDDの稼働状態によっては放熱に支障が生じ、故障につながる危険性があります。

回転数をあまり遅くするとファンがとまってしまう場合があるのでご注意ください。
・CPUファンで3,500回転、サイドファンで4,000回転以上でご使用ください。

お客様によるファン回転数の調整による故障・破損などのトラブルには、いかなる保証もいたしかねます。CPUやHDDの温度を測定の上、ご使用ください。

▲このページのTOPに戻る


Q.12

miniPCIスロットは、どのように利用できますか?

A.12

弊社でオプション製品を用意しております。製品につきましては、製品情報ページをご覧ください。


▲このページのTOPに戻る

 

minipc.jpダイレクト
お問い合わせ
目安箱
アンケート


Copyright(C) 2005 minipc.jp All rights reserved. Japanese use only.